経済協力(ODA)

 マリに対する日本の経済協力は、1964 年11 月の貿易取極から始まり、1983 年の米の延べ払い輸出以降は有償資金協力も実施しています。1992 年にマリ新憲法が成立して民主政権へ移行したことから、我が国も国際社会と協力しつつ、本格的な支援を開始しました。拡大HIPCイニシアティブに基づいて、2004 年3 月にマリの債務を免除した他、2009 年4 月には青年海外協力隊(JOCV)派遣取極が締結されています。
 2012年3月に発生した一部国軍兵士による騒乱以降、新規の二国間援助を見合わせていましたが、2013年8月の大統領選挙及び同年12月の国民議会選挙の実施、治安状況の改善に伴い、現在は二国間援助を再開しています。
 また、現地NGO等を対象とした草の根・人間の安全保障無償資金協力も実施しています。

 対マリ経済協力(ODA)概要
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/data/gaiyou/odaproject/africa/mali/index_01.html

  我が国の対マリ年度別・形態別援助実績(2008年1月以降)

 経済社会開発計画
2017年11月17日 平成27年度無償資金協力「経済社会開発計画」の第二陣の機材引渡し式
2017年6月22日 平成27年度無償資金協力「経済社会開発計画」の第一陣の機材引渡し式

新着情報

2017年10月18日 対マリ無償資金協力(食糧援助)見返り資金「学童用品提供パイロット・プロジェクト」で購入された学童用品の引渡式
2017年9月14日 平成21年度対マリ環境プログラム無償資金協力「気候変動による自然災害対処能力向上計画」の第二陣の機材引渡し式
2017年9月5日 「対マリ共和国 国別開発協力方針」及び「対マリ共和国 事業展開計画」の策定
2017年6月14日 平成27年度補正予算:UNOPS実施「マリ北部 平和と社会安定のための緊急給水プロジェクト」成果報告書
2017年6月7日 「第四次小学校建設」引渡し式
2017年6月7日 「バマコ国立警察学校運営能力強化支援計画」完了引渡し式
2017年3月21日 平和と安定を通じた経済社会開発を目的とする対マリ支援(=平成28年度無償資金協力(経済社会開発計画)に係る交換公文の署名式)
2017年3月21日 国際機関を通じた対マリ支援6案件(=広報レセプションの実施)
2015年10月6日 バナンカブク・ファラジェ地区保健センター視察
2015年9月17日 キタ圏エボラ出血熱感染予防事業の視察
2015年8月27日 バギネダ灌漑開発プロジェクト、フォローアップ視察
2015年7月8日 バマコ平和維持学校への講師派遣
2015年6月10日 マリJICA帰国研修員同窓会レセプションの開催
2015年5月21日 ファラカン村小・中学校引渡式
2015年5月20日 バマコ市イリマジョ地区保健センター視察
2015年3月25日 個人防護具の引渡式等の実施
2015年3月3日 バマコ国立警察学校運営能力強化支援計画の署名式
2015年1月8日 ファラカン村小・中学校整備プロジェクト署名式
2014年5月14日 対マリ二国間経済協力再開のお知らせ